エディオンカードでキャッシングができない!クレカ利用者の声をまとめてみました

 
キャッシング体験談

エディオンカードでキャッシングができない理由は多々あると思いますが・・・
クレカでキャッシングができなかった人達の解決策や世間の声をまとめてみました。

 

エディオンカードでキャッシングができない人の体験談

 

【35歳男性】
クレカ数枚からキャッシングしているんだけど・・・
限度額いっぱいになって、エディオンカード新規で作って

キャッシングしてみたんだよね。

 

あっさり門前払い・・(泣)をされちゃった。

 

でも、俺はこの状況が続けば20日近く、文無し状態が続いちゃうから。
どこか、キャッシングできる会社をググってみた。

 

色々ネットで調べてみたら、セントラルというとこを見つけた。
セントラルは1万円から30万円まで借りることができるとのこと。

 

申込はインターネットか来店で行い、無人契約機はないみたいだ。

HPを見たかぎりでは・・・
たいした大きな会社ではなさそう・・・
無人契約機などがないのも納得。

利息は月利1%~1.48%(実質年率12%~18%)と年率が他と比べてちょっと高め!
でもキャッシングできますよ!ということで高目な利息になっているのだろう。

即日融資も可能で、私も即日振り込んでもらった。
この時、20日間をしのいだ体験談です。

 

 

クレジットカードは怖いのだろうか?

皆さんクレジットカードは正しく使えていますか?

 

クレジットカードは正しく使えればとっても便利なものになります

とは言ってもリボ払いの返済が追いつかなくてすぐに返そうと思っていたんだけど
近隣の高さにびっくりしたといった感じでクレジットカードの強い部分の意見も
たくさんあってやっぱりクレジットカードを使うのはやめておこうかなと思って
しまう方も多いのではないでしょうか

 

 

そこで今回はクレジットカードの強さとは何なのかをきちんと理解して
クレジットカードを正しく利用していけるようにしましょうまずうまく使えば
クレカはお得ということを理解してしておきましょう

 

 

明細を確認することで使い方の見直しができる支払いの
管理がしやすいポイントが貯まるといった理由から
クレジットカードは現金よりも圧倒的に便利です

 

 

お金の使い方の見直しや支払いの管理を行う習慣がつくことで
無駄遣いは減りますし本当を食べることで効率的にお金を貯めることができます
良い面がたくさんあるクレジットカードです

が実際のところは・・・

 

 

クレカ=怖いというイメージを持たれている方も多いですよね

というわけで次はその子はその正体を理解していきましょう

 

クレジットカードを利用する上で気をつけるべきことは2点あります

それはズバリ!リボ払いとキャッシングです

 

 

では順番に説明していきますね

まずリボ払いについてですそもそもリボ払いって何でしょうか?

 

 

まずはリボ払いの仕組みから説明していきましょう

リボ払いとは毎月支払う額を一定にし利用残高を返済していく支払い方法です
その中でも残高スライド方式や定額方式があります残高スライド方式は利用残高が
一定の基準額を超えるとそこから毎月の支払額が増加する支払い方法で

 

定額方式は利用残高が増えても毎月の支払額は増加しない支払い方法で
そのぶん支払い期間が延びて手数料がかかりますお祓いの毎月の返済内訳は
元本返済額と手数料の合計になります次はその手数料や
金利について説明していきましょう

 

 

まず金利についてですリボ払いの金利はクレジットカード会社によって変わりますが
年率15%から18%程度のところが多いですね
リボ払いの毎月の返済内訳は元本返済額と
リボ手数料の合計になりますリボ手数料の計算方法は
月割計算の場合返済合計額かける年率÷12ヶ月となります具体例を見てみましょう

10万円のパソコンをお支払い額5000円のリボ払いで購入したとします
支払い方法は定額方式だとします年率15%とすると月割計算の場合
初回支払金額はリボ手数料10万円×15%÷12=1250円支払額5000円+1250円=6250円

ありますよ9月はリボ手数料95000円かける15%÷12=1187年支払額5000円+1187円=6187円になりますよ

 

9月以降リボ払いでの支払いが増えず滞りなく支払えるば20ヶ月で完済できるので
リボ手数料の総額は13920円になり元金も含めた支払総額は10万円+13120円=113120円になります

ということで一括払いと比較すると13120円の差が出るということです

今回は10万円でしたがリボ払いは利用残高が高くなればなるほど
支払うべき総額手数料もどんどん上がっていきます

 

 

リボ払いの手数料って本当に高いので少額だとはいえ甘く見てはいけません

ということで動かないのでメリットをまとめると
返済額が少ないので関西までに時間がかかる支払額が一定なので
余裕があると勘違いし金銭感覚が麻痺する気付いた頃には

リボ払い利用限度額に達して焦りだし始めるなこれまでの奨学返済の癖がついているので
すぐには完済できないといった感じです

 

 

リボ払いを利用する際に気をつけるべきことですが
必ず利用前に完済までの毎月の支払額と支払期間の確認をしましょう

これを行うことで完成までに時間がかかるかと手数料挟むことをきちんと把握できます

またリボ払いが当たり前にならぬように毎月リボ払い利用残高を
確認するようにしましょう毎月の支払額が少ないと余裕があると勘違いしてしまいやすいので
ついついお金を使ってしまい利用残高が積もりに積もっていきます

 

 

しかしまだリボ払いが出来るから大丈夫だろうと
思い込み利用限度額 MAX に達してしまった時の返済は気をつけてくださいね

余裕があるなら一括返済や返済などの繰越返済を行うようにしましょう

リボ払いを利用している以上金利は常にかかってきますのでできるだけ早い
返済を心がけましょう。

 

 

次にキャッシングクレジットカードの利用枠にはショッピング枠と

キャッシング枠がありますよねキャッシング枠は
カード申し込みが実際の枠が決められますそのキャッシング枠から
ATM などでお金を借りることを言います

 

返済方法は一括払いかリボ払いが多くクレジットカードさえあれば
気軽にお金を借りられるのかですねクレジットカードのキャッシング枠は
多くの場合年率18%に設定されていますこれはショッピング枠のリボ払い年率よりも
高いことが多く長寿館借りる場合には適していませんもし返済までに

時間がかかりそうだと予めわかる場合は年率15%の銀行系カードローン他の借り入れ
手段がないか検討してみましょう

 

 

ということでキャッシングのデメリットをまとめると
近くの ATM などで引き出しが簡単なので何度も利用してしまいがちキャッシングの利用に

伴いその文ショッピング枠の利用可能額が少なくなることがほとんどショッピングの
一回払いは手数料が無料だがキャッシングは必ず金利手数料が発生するといった感じです
キャッシングを利用する際に気をつけるべきことですがキャッシングは金利が高く

リボ払いでの返済の場合完済までに長期化することが多いので
比較対象になるよう心がけましょう

 

またキャスティング前に手数料がかからないショッピング枠の
一括払いができないか検討して本当にキャッシングクレジットカードの利用で注意するべきなのはこれまで説明したのですが他にもこういった思い込みの一つは

利用料がかかるんでしょうというもの

 

クレジットカードは年会費がかかるものとそうでないものがありますので申し込みにきちんと確認しておきましょう

 

 

初年度無料年間利用額まるまる映像などがありますので
ご自身にあったものを選ぶことが大切ですまたクレジットカードは利用するたびに
毎回手数料を取られてしまうと思い込んでいる方がいるのですがそれは間違いです

 

クレジットカードは通常一括払い二回払いの時は手数料がかかりません2回払いは
ネット通販や店舗の決済で対応していないところが意外とありますが
利用可能な場合であれば使ってみるのもいいでしょう

 

3回以上の分割払いの時に手数料がかかることがほとんどなので
一括払い一回払いであれば何回利用しても問題ありませんまたよくある思い込みとして

クレジットカードを落としたら悪用されるから利用したくないという人もよくいますが
クレジットカードには紛失保険や盗難保険が自動的に付帯されています

万が一不正利用された場合にはクレジット会社がその損害を代わりに負担してくれます
財布落とした場合現金では紙幣が抜かれるとそのお金は返ってきませんが

クレジットカードが盗まれ不正利用されてもこの保険があることでむしろ
現金よりも安心であるということがありますが万が一落とした場合には保険がある
からと思って安心せずにすぐにカード会社に連絡するようにしましょう

クレジットカードは注意点をきちんと理解すれば怖いものではありません

特に注意すべきなのがリボ払いとキャッシングでその仕組みの
理解が最も大切になりますもしリボ払いで

 

キャッシングを利用する際には月々の返済額と期間の確認をしてできるだけ
早く完済できるように心がけましょう

 

正しく仕組みを理解すればクレジットカードは
強いものではなくとっても便利なものになりますよ

クレジットカードで賢くお金を貯めて行きましょう

 

関連記事