セディナで海外キャッシングできない?利用者の声をまとめてみました

 
キャッシング体験談

セディナで海外キャッシングできない!と悩んでいる方・・キャッシングで
きない理由は多々あると思いますが・・・

海外キャッシングできなかった人達の声をまとめてみました。

セディナで海外キャッシングができない時のアドバイス

【32歳男性】
携帯会社のauと三菱東京UFJ銀行が作った新しい銀行知ってますか?
【じぶん銀行】っていうんですけど・・・

じぶん銀行では、携帯への入金連絡サービスが無料
三菱東京UFJ銀行への振込み無料、ATM利用が無料等々、
他のクレカには無い様な、利点が沢山あるんです。

海外での利用時にも役立つんですよね!
とても評判がいいです。

スマホで口座の残高確認がいつでもできるので、
海外でも使いたいな!って時に、とても役に立つようですよ。

私の体験というかアドバイスなのですが・・・
一度、【じぶん銀行】という金融サービスを検討するのも
海外でキャッシングできない時の対応策になりますよ

 

セディナカードとエポスカードどっちが海外キャッシュ利用でお得なの?

 

ご質問いただいておりますので回答していきたいと思います

セディナカードエポスカードこの二つありますけどもどっちの方が実際お得なんですか?
というご質問でちょっとあのままご質問もいただいておりますのでせっかくなのでご紹介したいと思います。

【質問その1】
エポスカードも海外キャッシングとして繰り上げ返済ができるそうですが
セディナと手数料は違うのでしょうか?金利が同じようなものなので変わらないような気がするのです。

 

そこでリアルなシミュレーションお願いします。

と言う質問ですね♪

 

 

例えば、タイのバンコクの ATM で1000円または3000円バーツをキャッシングして
まあセディナ エポス両方でやってみた時にはどれぐらい差額があるの?とそういったことですね。

 

 

金額の差額知りたいです!というようなご質問内容でした。

明確な答えがありますのでスパッとお答えしたい!と思うんですけども

まず最初に結論からなんですけども、セディナカードの方が100円もしくは200円ぐらいお得という結論になります。

 

 

じゃあ何故セディナカードの方がお得なのかっていうと
答えは簡単です。

 

 

考え方として着目すべき点は手数料の部分です、海外キャッシングをするときにかかる手数料ですねえ!

 

 

大きく分けて二つあります。
まず一つ目一つ目の手数料っていうのは・・・現地の海外キャッシングをする際にですね
現地の ATM に行って、そこでカードでピって入れてやると思うんですけども、まずここで!ATM 手数料っていうのが取られますね。

 

 

ここにかかる ATM 手数料っていうのはカード会社から請求される
ATM 手数料ではなくて ATM を設置しているオーナーさんですね。

 

ATM を設置しているオーナーさんに対して支払う手数料ですね。

もちろんですねこの ATM を利用するにあたって後の
ATM のオーナーさんに支払う手数料がゼロ円のところもありますので、
まあそういうところを探すっていうのが大事になってくるんですけども、

まずここでかかるところもありますね。

 

 

これは、芹那エポス共通してかかってくるところですね。

二つ目の手数料ここに差があるんです。

この二つ目の手数料にセディナカードエポスカードで、この手数料違いが出てきます。

これは何かと言うと、クレジットカード会社から請求される手数料です。
例えばセディナカードの場合は海外キャッシングをした時に、このクレジットカード会社から手数料請求されないんですね。されないんです。

 

 

一方でエポスカードっていうのは、この海外キャッシングで海外で ATM を利用した時に
エポスカードから請求があるんですね手数料がかかるんですね。

 

これが一回あたり1万円以下の取引だとすると100円一万円以上のお取引だと
1回あたり200円かかるという計算になります。

 

 

なので、ちょこちょこちょこちょこエポスカードで例えばそうですね34回1万円以下でおろしたとするとこのエポスカードからの請求が300円から400円の家の家かかってくるということになります

一方でセディナカードの場合はちょこちょこちょこちょこおろしてもセリナカードから請求される手数料って言わないということなんですね。

 

 

なのでセディナカードのほうがお得ということになりますが!

この差額ですねクレジットカード会社から請求される手数料で・・・
差額がありますよっていうのが答えになります。

 

 

まあ、もちろんエポスカードでも海外キャッシングできますし!
繰り上げ返済が好きだからどのようにできますので利息という意味ではですね
変わらないです。

 

 

変わらないんですけども、クレジットカード会社からの手数料がかかってしまうので
その差額分析の方がお得ですよというより セディナの方がお得ですよという回答になります。

一回の取引あたり100円とか200円の手数料っていうのは微々たるものだと思うんですけども塵も積もれば山となるでパーセンテージすると意外とかかってきたりするものなので
誰かが100円に100円の手数料だというふうに馬鹿にせずにですね注目していただきたいなという風に思いますね。

 

 

やっぱりですね海外行った時に ATM でキャッシングするとなると一回に大量の現金を
引き出すっていうのはどうしてなったりリスクが伴うわけですよね。

 

 

盗難にあった時に現金を失ってしまうわけですからね

この現金を失った場合は海外旅行保険が効かないものなのでまるごと
現金を失ったぶん自分の損失につながるわけですよね。

 

 

まあ一方でこまめにちょこちょこちょこちょこおろしてればこんなにあったとして

も少額で済みますので海外キャッシングをする時ってのはやっぱり!

 

こまめにですね、ちょこちょこちょこちょこ下ろしたほうがリスク管理という意味においては大事になってくると思います。

 

 

この「ちょこちょこちょこちょこ」・「こまめ」に降ろしてもカード会社から手数料が請求されないセディナカードのほうがお得というような感じになっています。

関連記事